<< 木村家・水嶋家ウェディングパーティ | main | 南港ポートタウン祭 >>

ATCシーサイド ハワイアンフェスティバル 2018

0

    2018.7.16.

    孫や妻の誕生日等を兼ねて、

    孫が大好きな、第一希望の回転すしで食事会。

    孫達、沢山食べました。ビールの半額券も当たって!

    孫達の胃袋も元気です。お土産交換も終え、弁天町で満腹でお別れ!

     

    解散してから、「トレードセンター前」に行くと、

    ハワイアンフェスティバルが海岸ステージで華やかに開催されていた。

    奥にサンフラワー号「アイボリー」が停泊

    朝の11時から開催していたらしい。

    愛媛の八幡浜の姉もフラを習っているので、

    親近感もあり最後まで見てしまった。

    各グループよく揃っていて綺麗、じっくり生の「フラ」を

    見るのはこれが初めてだった。

    海の風が爽やかで、フラのグループも気持ちよさそう〜。

    各グループ素晴らしかった!

    あれだけ揃えるには、大変な練習量だと思う。

    キッズグループも頑張っていました!

    親の目線で見てしまうと、たまらないだろう…。可愛い!

     

    人が多いせいか、人見知りの、

    ATCのアイドル猫達「渚」「レン」ちゃんの姿は見えなかった。

    残念でした。

    *7月27日 追加

    2,3日前に行ったのですが、「渚」ちゃんは居たのですが

    「レン」ちゃんの姿が見えなかったのですが…。

    motoki さん夕食の時間は大体決まっているのですか?

    *8月2日 追加

    区役所の帰り、夕方妻と「トレードセンター前」に寄った。

    「渚」の姿を見付け大声で呼んだが、

    1点を見つめたまま動かない…。

    視点の先を見ると、何とあの「鵜」らしき鳥がアーチの上に!

    何故、こんな所に居るのか?

    信じられなくてすぐにシャッターを切った。その2枚がこれ。

    (鵜だと思うのですが、詳しい人教えて下さい!海鵜?)

    見慣れない鳥なので、「渚」と「レン」がじっと見つめていた。

    結局、羽繕いを延々するだけで飛ぼうとしないので、

    「渚」ちゃんと「レン」ちゃんに猫のカリカリをあげて

    お別れをして、帰宅。

    会えてよかった!2匹とも暑い中、元気でした。

     

    *9月1日 追加

    周子さん コメントありがとうございました。

    詳しく説明していただきよく分かりました。

    長良川の鵜飼いは見たことがありますが、あの鵜もこの

    ウミウなのですね。

    長良川以外では初めて目にしたのでビックリ!

    大きかったのに、猫が狙っていたのには驚きました。

    ありがとう!またコメントして下さい。

    *9月1日 追加

    周子さんから メールで訂正が入りました。

    「くちばしの元(基部の黄色いところ)が尖っていないので

    永井さんの見られたのは「カワウ」です

    書き間違えしました。慌て者ですみません

    コメントを消すことが出来ないので ホームページから

    メールアドレス捜しました

    慌て者の周子より」

    ありがとうございます。一生懸命調べてくれたのですね!

    感謝です。これからもよろしく!

    また気が付いた事があればコメントして下さい。

    *9月11日 追加

    本木さん、メールありがとうございました。

    詳しく説明して頂き良く分かりました。

    皆さんの努力と見守りがあっての親子ですね。

    幸せに暮らしている「渚」「レン」良かったです。

    ご苦労様です。陰ながら応援させていただきます。

    またお会いできる日を楽しみにしています。

    永井照人。

     

     

     

     

     

     

    newflash * NEWS * 17:26 * comments(1) * trackbacks(0) * -

    コメント

    この鵜は ウミウだと思います。クチバシの元が三角形にとがっているから。カワウは元のはばが広い。鵜飼いの鵜はこのウミウだそうです。体が大きく深く潜れるから。でも真夏の 大阪港にいるのは珍しいそうです。
    Comment by 美香の友達 周子 @ 2018/09/01 7:33 AM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ