<< 新しいコーナーが出来ました! | main | 『僕のパパは風になったの』が本になりました。 >>

気になる野球と選挙

0

    CSのタイガース

    ベイスターズとの闘いの勝敗は想定内?だが、

    さすが2014年の6回の記憶を蘇らせてくれる福留の一発。

    若手にバトンを渡す過渡期だけに、

    いざという時のベテラン福留、頼もしいですね。

    さあ、難敵、カープ戦は苦しい戦いが想定されるが、

    今回はまだ互角以上?の可能性はあるように思う。

    問題はまず、戦うであろう、ソフトバンクである。

    2014年の屈辱はタイガースファンなら忘れる事はないが、

    何とか借りを返してほしい!お願い!

    最終ステージ、日本シリーズに進む前に

    タイガースが負けたら?って。

    1タイガースファンの願望と思ってください…。

    個人的には、上本、大和、原口、

    これから伸びる若手では糸原、植田の大ファンです。

     

    *10月16日 追加

    15日の試合、タイガースが負けたから言うのではないですが

    あんな最悪のグランドコンディションで、なお且降りしきる雨の中、

    強行開催する必要があったのでしょうか?

    両チーム同じ条件とはいえ、選手が可哀そうでした。

    予備日程が少ないのは分かりますが…。

    CSの場合、最終だれが試合開催か中止を決定するのか知りたいです。

     

     

    衆院選

    希望の党の誤算は大きいと思う。

    民進党からの合流組が足を引っ張っているのが良く分かる。

    数合わせで急ぎ過ぎて、

    希望の党のイメージを自ら壊してしまったのでは?

    安保関連法でも、旧民進党との内部で大きな政策の違いが暴露。

    まだ、旧民進党で政策を変えない立憲民主党が根強いと思う。

    維新の党もその中途半端な希望の党に近寄りすぎて苦戦必至。

    安倍さんに代わる強力なトップが見当たらない以上、

    今度の選挙も自民党の優位はかわらないと思うが…。

    あくまで私個人の考えです。

    永井照人。

     

    newflash * NEWS * 06:43 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ