<< 現代パステル協会展/デトロイト美術館展 | main | 天中13期7組クラス会11月11日開催します。 >>

池田隆聖鏡萓犬諒銅を祝う会

0

    平成28年9月18日(日)ホテルアゴーラリージェンシー堺で

    池田隆聖玉客崢湘善竸流正統二十二代宗家の 米寿を祝う会 が開かれた。

     

    池田隆聖興_箸茲蝓岷さんも一緒に出席するように」と、招待を頂き恐縮。

    今回、撮影担当の克明と合流して11時30分家を出た。

    生憎の小雨混じりの天候だったが

    堺のホテルに着く頃には ほとんど雨も上がり、駅前のホテルへ直行。

     

    午後1時より 3階利休の間で演武会が行われ、

    カメラを構えず 初めてゆっくり高段位の先生方の演武を見せて頂く。

    初めて見る妻は 目の前の真剣での演武に緊張感をただよわせていた。

    (*気合いの入った福井将人無雙直伝英信流正統二十三代宗家の演武)

    克明による参加者90名ほどの集合写真撮影を終え,

    午後4時からの 4階祝賀会 会場へ。

    (*池田隆聖興_箸魄呂鵑任琉賁腓寮萓己の団らん)

    (*前列のテーブルの席を用意して頂き恐縮。)

    琵琶と詩吟に続き、琴演奏など

    (*福井虎雄宗家より池田宗家への宗家継承式の投影を見る会場)

    6時過ぎまで宗家の米寿の祝賀会がロイヤルホールで華やかに進行された。

     

    思い起こせば、池田隆聖興_箸箸僚于颪い

    私が、コマーシャルフォトスタジオの

    「螢好織献ニューフラッシュ」を経営している時の15、6年前までさかのぼる。

    「居合道の業の教本を作りたいので撮影をしてほしい」

    との 宗家のお声がかりでお会いしたのが最初。

    まもなくして、

    英信館 本部道場に私と克明とスタッフの4名で

    撮影機材一式を持ち込み通い続ける事 約3年。

    撮影の度毎に池田宗家から居合道の貴重な奥義、精神の錬磨まで教わりながら、

    宗家ご自身による全業種目をすべて撮影する事が出来た。

    製本まじかに、

    各本の巻末に撮影者として私の名前まで記載するようにと指示をして頂き

    感激したことを憶えている。

    以来、撮影を始めてから今日まで 永い永いお付き合いをさせて頂いている。

    ありがとうございます。

     

    (*2005年発行。企画、撮影、紙焼割付、撮り足し再撮、校正、製本まで

     制作年数のべ4年弱、全三巻組、無雙直伝英信流居合道解説

     

    すべての事に気遣われ、心配りをされる池田宗家、無理を為さらず、

    いつまでも「居合道」の発展、継承の為 お元気で過ごされます様に

    祈念しております。

    池田聖淳先生 会の準備、進行お疲れ様でした。

    私どもの ご配慮までして頂きありがとうございました。

    一門の先生方 色々なご気遣いありがとうございました。

     

    (*克明お疲れ様!

     *隣席された「東山閣」の社長様、楽しかったです。

      病気なんかに負けず、お身体を労わって下さい。

      又 お会いできる日を楽しみにしています。)

     永井 照人。

     

    (*美香さん コメントありがとう。9月22日追加。

       少しでも 居合道の事に興味を持ってもえるなら嬉しいのですが、

      お尋ねの件、今回たまたま控え室でご宗家と一緒に撮らせて頂いた写真を参考に。

      椅子に座って居られるのが池田 隆聖興_函柄監本居合道連盟会長)

      後列左から山本氏、息子の克明、妻、私です。)

     

    newflash * NEWS * 18:08 * comments(1) * trackbacks(0) * -

    コメント

    居合の世界は分かりませんが このニュースを見ていると
    余りにも 居合の事が多いので 少し興味がわきました?
    ところで またお願いですが
    居合の宗家って?お顔ってもう少し見せてもらえませんか?
    [克明]って息子さんですよね?できれば奥さんのお顔も。
    プライバシーの問題があり過ぎます?
    写真だけでも 出来る範囲でいいです。ゴメンナサイ。
    Comment by 美香 @ 2016/09/21 9:02 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ