第25回 無雙直伝英信流居合道 全国大会

0

    2017年6月18日(日)快晴。

    第25回 無雙直伝英信流居合道 正統会全国大会が

    いつもの京都市勧業館「みやこ・めっせ」で開催された。

     

    克明が股関節の大腿骨頸部骨折をしてから1ヵ月半。

    今回は克明の参加は半ばあきらめていたが、

    6月12日には職場に復帰(但し、施術ではなく受付のみ)、

    14日昼、休憩時に、整骨院近くで克明と妻と3人で昼食。

     

    池田宗家が「写真は撮らなくても良いから、

    まつば杖をついてでも、大会には顔を見せる様に!」っと

    嬉しい一言を言っておられたのを聞き、参加してくれる事に。

    大会当日、克明は顔見知りの先生方に、声をかけられながら

    車いすに乗って会場へ。

     

    各スナップ撮影は当然出来ないが

    山本さんや久野君の手助けもあり、

    200人以上の大集合写真だけは、

    片足で掴まりながら(4×5用の大型三脚なので)撮影してくれた。

    午前の演武の後、池田隆聖興_箸領礼撮影を終え

    4人で昼食弁当を頂く。

     

    午後からの高段者演武のあと、

    福井将人二十三代宗家のゆったり大きな演武で締めくくった。


    会場に整列した無双直伝英信流 正統会の参加者。

    4時前、次第通り全国大会を滞りなく終えた。

    山本さん、久野さん、そして克明君お疲れ様でした。

    大会役員の先生方、英信館関連の先生方お疲れ様でした。

    ありがとうございました。

    永井照人。

     

     

     

     

     

    newflash * NEWS * 20:46 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    天中7組クラス会の幹事会

    0

      2017年6月1日 

      本年のクラス会の場所、日程などの詳細を決めるため

      てんしばビヤガーデン(天王寺公園)に

      黒田、御宮知、宮畑、伊澤、永井の5名が18 時に集合。

       

      予約はBBQプレートのビヤガーデンだったが

      雲行きがあやしくなってきたので、室内コースに変更。

      客は圧倒的に若者世代。それもほとんど女性グループ。

      少し場違いを感じつつも、楽しく幹事会!

      (幹事会メンバーの子供のような飛びっきり美人の店長?が撮影。)

      決定事項

      クラス会の日程は11月19日の第3日曜に決定。

      宮畑君が梅田で会場を選び、2か月前には案内状発送。

       

      年甲斐もなく飲み放題コースの為、

      生ビールの乾杯の後は、

      赤ワイン等で盃を重ねて2 時間後に御開きに。

      久し振りに楽しい時間を過ごしました。

      「このクラス会はいつまでするの?」

      って、議題もでましたが、結論は…。

      どうもクラスメイトが集まる限り開催しそうです。

      今年は出席者が20名が目標なのですが…?

      松宮学級、7 組の皆さん!

      会の存続のため是非参加して下さい!

      永井照人。

       

      newflash * NEWS * 07:59 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      克明が骨折。

      0

        5月3日(祭日)京都で全日本居合道連盟の全国大会が有り

        無雙直伝英信流正統第二十二代池田宗家より年初めに、

        宗家のスナップ撮影を依頼されていた。

         

        当然、休みの克明との予定を組み、

        とっくに撮影機材のセッティングも終えていたのだが、

        前日の夕方2日、克明よりラインが入り

        「先ほど、股関節を強打し、負傷しました。立てません。

         診療も出来ない状態です。明日のロケは厳しいと思います。」

        突然ビックリ内容のラインである。

        しばらくして、嫁より

        「救急車で運ばれたそうです。」 えっ!

        「大腿骨頸部骨折らしい…。」 …。

        「GWの休み明け、股関節の手術をするようです…。」

        息つく暇のない 驚きの連続である。

        あんなに元気者の息子が…青天の霹靂とは此のことである。

        もうPM11時過ぎ。明日はロケの為、7時出発予定…。

        それも一人で? 頭が真っ白になったが、

        自然と手は、カメラバッグにカメラ2台と

        一人用のセッティングに変更しはじめていた。

         

        院内で…、どうしたら大腿骨頸部骨折するのだろう…?

        誰も、経緯や経過がわからずいろいろ錯綜するばかり。

        「兎に角、今から病院に行き、改めて連絡します。」と

        電話が妻に入ったと言う。

         

        全然寝付けないまま、夜が明け

        「ゴールデンウイークの為、高速が込み始めています。」という

        TV ニュースを聞き、6時半 急きょ車に乗り込み出発。

        車中 スマフォに「今日すぐに手術するみたい」と、

        克明から冷静な?ラインが入った。

        いつも通り、大会会場に入り撮影を始める。

        いつも通りでないのは、

        慣れ親しんだ会場の左右に分かれる相棒が居ないで

        2人分の動きをするだけだ…。

         

        15時 無事撮影を終え、宗家にご挨拶をしてから

        渋滞の高速を抜け、家で妻を拾い病院に直行!

        「まだ手術中です…手術室に入ったまま 2時間半…」

        心配でたまらない と言う嫁を落ち着かせ待つことに…。

        暫くして出て来られた先生とアイコンタクトで

        無事に終了した事を確認。ほっ!

        若いので、人工関節ではなく、骨折をボルトで固定したようである。

        「24時間以内に手術しないと、接合しにくいので、急遽やりました。」

        ぎりぎりの時間内の手術らしい。

        フィルムを見せながら

        冷静にゆっくり話される先生に深い謝意と、好感を持った一瞬だった。

        救急医師の判断の予定より早い手術の問に、

        「休み明けの手術では遅すぎるので。」

        救急なのに当直の先生の適格な判断で急きょ手術が行われたと言う。

        良い先生にあたり幸いだった。

        別室で手術経過や今後の処置、対応を聞き、

        ベッドの克明の笑顔を見てやっと落ち着いた。

        出た言葉が「食事に行こう」嫁を伴い 安堵の時間。

        長〜い長〜い緊迫した二日間だった。

        永井照人。

         

        5月6日 追加

        5日昼過ぎ病院に着くと、病室近くで孫たちと目があった。

        いつものハイタッチもなく

        2人とも見たことのないお父さんの異変に

        困惑しているようで、落ち着かないようだった。

        それでも、時間が経つと、パパの伸びたひげをやたら触ったり、

        差し入れの柏餅やちまきを食べながら

        タブレットやスマフォゲームに興じている姿を見て救われた。

        気になっていた、骨折の原因を聴くと、

        夜の診療時間、まだ入り口が閉まっているのに気づき

        患者さんを待たしてはいけないと、

        慌てて立ち上がって転倒したらしい。

        後は息子の早期回復と骨の再生を待つ時間薬だけである。

        PM5時、ドーム球場に向かう沢山の人の波に逆らいながらの

        帰り道、気が付くと、妻と2人、

        ほっとしながら、地下鉄ホームのベンチに暫く座っていた。

        さあ、明日から切り替えて宗家のデータ作成をしましょう!

         

        5月11日 追加

        10日いつもの水曜の朝、 

        (本来なら克明が居るはずの)整骨院に向かう。

        応援の京本先生がにこやかに施術をしておられたので一安心。

        迷惑をかけたお詫びと施術をして頂いているお礼を言うと、

        「小林グループでは克明君と同期だったから」と、当然のように、

        頼もしい一言がかえってきた。

        克明がいないのに、スタッフの人達も元気に対応しておられた。

        京本先生に施術をして頂き、すべての人に感謝である。

        その足で、ヒゲの濃い!克明にパナソニックシェーバーを買って、

        ドーム千代崎駅からドーム球場の中を通り抜けて病院へ、

        「今日からリハビリが始まった」と、器用にまつば杖をつく

        克明にまた安心させられた。

        患者さんやスタッフ、先生も含めて沢山見舞いに来て頂いたらしい。

        少し暗くなった外に出ると、小雨が降りはじめていた。

        永井照人。

         

        5月13日 追加

        兼浜の親族の皆さん、大挙してお見舞ありがとうございました。

        そして12日、心配された池田宗家より克明に、

        6月の英信流大会には写真は撮らなくて良いから、

         まつば杖をついてでも、大会に来て顔を見せるように」

        との嬉しい伝言が有りました。

        克明も喜んでいます。ありがとうございました。

         

        5月14日 追加

        美香さんいつもコメントありがとう。

        元気印を絵に描いた様な息子が突然に…。

        慌てるのはよくないですね。

        何とか手術も上手くいき、後は骨の接合を待つだけです。
        美香さんの言うように、

        大腿骨頸部なので足は長くは成らないと思いますが…。

        心配本当に ありがとう!

         

        5月17日 追加 

        病院の克明

        ひげが伸び伸びだが元気になった克明

        6月5日 追加

        おかげさまで克明は6月4日に退院しました。

        ご心配をお掛けしました。

        当分まつば杖を付いてのリハビリが続きますが、

        本日車いすで外出しました。元気です。

         

         

        newflash * NEWS * 23:12 * comments(1) * trackbacks(0) * -

        聖和小学校4組恩師の墓参り

        0

          1ヵ月ほど前、小学校の幹事をしている水嶋君より、

          担任だった前田茂男先生のお墓が出来たので

          有志の参加を募り墓参りをしたい、と往復はがきの連絡があった。

          「出席。人数が集まらないのでは…」と返信はがきに書いたのだが

          1週間ほど前、

          326日(日曜日)朝8時45分車で迎えにいくから、

           近所の交差点で待っててくれ」と電話が入った。

          彼は週3日透析をしている身、

          まさか運転はしないだろうと思っていたら娘さんのご主人が運転、

          懐かしい岡田君が先に同乗していて、

          あとは富雄駅で西村君と村上君と待ち合わせ。

          西村君の話では、最後のクラス会から20年振りらしい。

          連絡のついた、昭和32年卒聖和小学校4組有志5名で

          前田茂男先生の永代供養の墓参りをした。

          (皆さん!面影で分かるかな?左から永井、村上、岡田、西村、水嶋です)

          お参りを済ませて、前田先生の奥さん、

          (ニューフラッシュHPのギャラリーでお馴染みの)美智子先生宅に直行。

          久しぶりに美智子先生にお会いしたが

          「あまり体調は良くないの。」って言っておられたが、

          「クラスの皆さん!

           郡山の教室には教えに行っているので心配しないで下さい。」

          との伝言です。和紙絵も50号が制作途中だそうです。

          近くのクラブハウスで軽食、団欒!

          会話をすると、「へー、そうか、」等、世の中狭いもので

          どこかで繋がっていたようだ!

          皆、年相応に頑張って楽しんでいるようだった。

          年金と体調、病気の話は尽きないが…。

          束の間だったが、聖和小学校の4組有志の集まりでした。

          村上君、西村君また会いましょう!岡田君ありがとう!

          水嶋君、娘さん、ご主人運転お疲れさまでした。

          皆さん お元気で!

          水嶋君の音頭で

          「15名ほど集まるなら、クラス会をしようか?」と、

          言う事になり、慌てて名簿作成開始。

          1年以内に案内をする予定です…。奮ってご参加を!

           

          美智子先生のHPゲストギャラリーでの作品

          http://www.newflash.co.jp/pastgalla/27/index.html

          永井照人。

           

            *3月30日 追加

          昨夜、何年振りかで、F精版のY氏から

          CMフォトの商品の数撮りの問い合わせがはいった。

          以前のコマーシャルスタジオの時なら一つ返事で受けただろうが

          スタッフを集めて何時間も撮影する気力は薄れている。

          丁寧にお断りしたが、一抹の寂しさを感じた夜だった。

           *3月30日 追加

          墓参り参加者、および前田美智子先生に本日写真を発送しました。

          改めて水嶋君から、帰阪した時点で名簿の連絡が有ると思います。

          よろしく。

           

           4組の皆さんへ

          *4月2日  追加

          西村君、村上君が写真のお礼と共に

          クラス会の手伝いを名乗り出て頂いたので、

          水嶋君が帰り次第、お願いする事にしたいと思います。

          それと

          先生の供養墓建立の場所の問い合わせがありましたので、

          お知らせいたします。近鉄奈良線富雄駅近くの

          四天王寺大和別院に永代供養墓が建立されています。

          近くに寄られたら、写真の場所を参考にお参りして下さい。

          20年振りのクラス会、実現すればいいですね!

           

            4組の皆さんへ

          *4月11日 追加

          10日、幹事の水嶋君から住所確認がとれた25名ほどに

          送りたいので墓参りの写真をプリントして欲しいとの連絡あり。

          本日、合成プリントを水嶋君に送付しました。

          改めて水嶋君より住所録と共に送付されると思います。

          クラスの住所確認に協力をお願いいたします!

          永井照人。

          newflash * NEWS * 20:43 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          WBCがんばれ日本!

          0

            WBCがんばれ侍ジャパン!

             野球の国、地域別対抗戦、

            第四回ワールドベースボールクラシック。

            1次リーグを全勝で切り抜けた侍ジャパン。

             

            1次リーグ成績 3戦全勝 1位通過

              日本対キューバ :   11:6

              日本対オーストラリア : 4:1

              日本対中国   :    7:1

            312日、2次リーグE組の戦いが東京ドームで始まった。

            日本対オランダは熱戦、

            5時間近い戦いで日付の変わる直前に日本が8対6で逃げ切った!

             

            日本   014 010 000 02 :

            オランダ 014 000 001 00 :

              (延長11回、11回からはタイブレイク。

                タイブレイクとは両チーム、ノーアウト1,2塁から始める) 

             

            野球の大好きな私でも、こんなにしびれて興奮した試合は始めて。

            日本が総力戦を制した。、

            精密機械の様な投手陣、野手全員のここ1発の勝利への執念に驚いた。

            長い試合だったが、2転、3転する流れに11回タイブレイクまで

            もつれ込んだ死闘、

            5時間近くしびれて、ハラハラの連続で長い試合を感じさせなかった。

            5回無死2,3塁は千賀が連続3振、

            7回は1死1塁から菊池が美技で捕球、

            8回は1死満塁から増井が好救援。

            9回は則本が同点に追いつかれたが、サヨナラのピンチを救う。

            10回からは牧田。

            9投手がつないで勝利をもぎとった。

             私が感激した選手 :

                菊池(広島)の再三の超美技。

                中田(日本ハム)6打数3安打5打点の集中力。

                小林(巨人)冷静な投手リードと打力。

                牧田(西部)「困った時の牧田」救援陣のリーダー。

             

            小久保監督

            「鈴木が犠打をキッチリ1発で決め、頼りになる5番中田が仕事をしてくれた。

             牧田もよくしのいでくれた。勝ちたいという執念と、チームの和が勝った。

             一生忘れることのない試合になった」

             

            2次リーグ後の日程

            14日 キューバ

            15日 イスラエル

            野球って本当にいいですね!!

            興奮して寝付きが悪かった。

            貴方は見ましたか?見てないとまた1つ損をしたかも!

            「お酒の好きでもない人に、旨よ!と言うのと一緒よ、人それぞれよ。」

            って、冷静なサブの声あり。

            「でも、ほとんど大リーガー相手なのに…、日本、昨日の試合は最高だったね!」

            って。

            うん、分ってらっしゃる!

             永井照人。

             

            3月14日、2次リーグE組第2戦。

            日本はキューバに3度追いつき8対5で連勝した。

             

            1点を追う6回、小林のヒットで同点に、

            8回その好調小林に替えて内川が犠飛でやっと1点勝ち越し。

            続く山田が2ランで突き放した。

             

            キューバ 020 201 000 :5

            日本   101 021 03× :8

             

            あのトリプルスリーの山田がやっと目覚めてくれた。

            3試合ぶりに1番に戻った山田が

            1回左中間席に先頭打者ホームラン。

            8回は1点を勝ち越し、2死1塁から初球を左翼席中段へ

            勝利を決定する2ラン。まだ24歳頼もしい1番である。

             

            今年のWBCの小久保監督の采配はずばり的中。

            8回、あのラッキーボーイの小林の代打に内川!

            失敗すれば袋叩きになりかねない采配だと思う。

            こ試合もしびれた!こんな楽しい野球は滅多にない。

            このメンバーで公式戦を戦えたら…、

            とんでもない事を考えるのは私だけではないはずだ。

             

            「タイガースはどうするの?」またサブの声…。

            う〜ん、それはそれ。WBC侍ジャパンは永遠なり!

            「なによ、それ」  …。

            永井照人。

             

            3月15日第3戦8−3で準決勝進出。

            昨日は一日外出していて

            ( あの歌手のKOKUZANさんと食事の後、誘われカラオケへ、

             歌手の生の声量はすごい!当たり前だが、途轍もなく上手い!

              贅沢なプライベートコンサートと化して、聞き惚れた!)

            そんな事で、WBCをLIVEで見る事が出来なくて、

            帰宅するなり二人で急いでテレビの前へ

            期待にたがわず「5−0で勝ってるわよ!」って妻の声。

            「うん、やっぱり」そろそろ気持ちに余裕ができてきたのか、

            何と負けるはずがないと云う確信まで出てきたから恐ろしい。

            あんなにハラハラドキドキしていたのに…。

            連勝が続くと勝手なものだ!

            千賀が無失点で切り抜けて、

            「6回筒香が、これぞ4番、日本の4番が

             センターバックスクリーン右へ口火の豪快な1発」

             って、何度もアナウンサーが経過を繰り返し叫んでいる。

            球場中沸いた事だろう!

             

            イスラエル 000 000 003 :3

            日本    000 005 03× :8

             

            山田も2安打、坂本も4−3、

            あの愛するガッツマン松田が5−2の2打点!

            これなら負けるはずがない。強い。

            緊迫の0−0からの集中打一挙5点!って

            少し帰るのが遅れた?すごい場面だったろう…。

            今年の侍ジャパンは本物?

            「締めの牧田さん、お疲れ? 大丈夫?」って妻。

            あいきょう、愛嬌、見せ場作ってるんじゃない。

            ずっと、真剣に投げてたら体がもたないよ。

            「そう…また!…」こんなジョークもでる余裕。

            いよいよ、アメリカ、ドジャースタジアムへ、

            雪辱の戦いが始まった!

            がんばれ!侍ジャパン!

            目が離せない決勝ラウンド

            準決勝21日、22日

            決勝 23日

            永井照人。

             

            *3月22日 追加

            ミケさん コメントありがとうございます。

             「スタジオニューフラッシュのHPがリニューアルしました」の

             「ユキ」に(2月)コメントして頂いていたのに

             気が付きませんでした。すみません。

             いまだに、CMで白い猫が出てくると

             妻が「ユキがでている!」って喜んで見ています。

             ちょっと切なくなりますが…。

             コメント嬉しかったです。ありがとうございました!

             (先のほうにも掲載しました。2014.05.22Thursday)

               http://snf.sengi.net/?month=201405

            *美香さん コメントありがとう。

             WBC本当に残念です!

             エラーからの2失点。みんな一生懸命戦っての負けです。

             誰も責める事はできません。でも残念!

             美香さん、また野球のルール1つ覚えた?

             確かに野球は奥が深く、難しいルールが沢山。

             でも素直に野球を楽しんで下さい。

             あのイケメンキャッチャーの小林はいないけど、

             若手ファイトマンの選手の多いタイガースも応援してください!

             いよいよ公式戦が始まります。がんばれタイガース!

             永井照人。

             

             

            newflash * NEWS * 08:20 * comments(1) * trackbacks(0) * -

            もう天中クラス会準備会

            0

              「年明け早々、もうクラス会の準備 幹事会?」

              い〜え、昨年の反省会と企画会です。

              地下鉄谷町線『出戸』駅の改札口に幹事4名が

              まだ明るい何と3時40分に集合。

              女房曰く

              「幹事会の口実をつけて、ただお酒の好きな人の集まりでしょっ」

              しっかり見透かされています。

               

              いつもながら、龍蔵君が駅まで迎えに来てくれて

              田中龍蔵君の店「お猿のかごや」で幹事会。

              先に来ていた御宮知君を交えて5 名。

               

              (左から黒田、(新幹事)宮畑、伊澤、永井、御宮知の5名)

              1年振りだが、ここの串揚げ盛合せ、刺身の盛合せは旨い!

              「龍蔵君、送迎運転までさせてすみません。旨かったです。

               ありがとう!」

               

              電話での女性陣の要望もあり

              今年の開催日は第一候補、「10月29日(日曜日)」

              場所は東京組に考慮して「梅田」に暫定。

              松宮先生から年賀状が届いていないのが気がかり。

              黒田君に開催日のこともあり電話確認をお願いした。

              先生に問題がなければいいのだが…。

               

              女性陣等に電話連絡をしながら

              (食事の用意の時間なのに、幹事連酔った勢いで…

               旦那さまには、申し訳ありませんでした。)

              店は、地元のおばさん等良い常連様が来てるようだ。

              そんなこんなで店も混み始めたので、8 時に御開き。

              次回は梅田の店など絞って7 月前後開催予定。

              宮畑さん、宜しくお願い致します。

              永井照人。

               

              *2月5日 追加

               松宮先生の件

               昨年、お姉さん(86歳)が逝去されたので

               年賀状を控えられたとの事です。

               クラスの皆さん安心して下さい。
               

               

               

              newflash * NEWS * 09:51 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              ちょっと感激した話

              0

                朝日新聞の天声人語に掲載されていた話。

                 

                一言の願いをかなえてくれる神様

                一言主神社にちなみ、願い事を綴る「はがきの名分」コンクールより

                *奈良県の小5(10)君は親友との仲たがいを書いた。

                「謝りたい気持ちと謝ってきてくれるかなという期待が

                 行き交じって、決心がつかない」

                「『ごめんな』と言える勇気が出せますように」。

                願いかなって後に仲直りできたそうだ。

                *奈良県の公務員(54)さん

                忘れがたい夕食の一コマ

                「ワガママ言う君らに怒った妻が夕食作りをボイコット。

                 食卓に置かれた納豆3個。トイレに籠る妻。」

                と書きおこす。

                「息子がリュックを背負う。黙って出て行ったその手に

                 弁当一つ。トイレの前へ。

                 食べないと死んじゃうと弁当差し出す小1男子」

                感激した妻がトイレで泣き、以来その日は感謝の念を刻むよう

                夕食にあえて弁当を食べる日になった。

                *京都府の(88)さん

                30年前に亡くなったご主人に一筆。

                「いつお迎えに来て頂いてもいいですよ」

                「でもねー。明日は来ないでくださいね。

                 明後日(あさって)も来ないでくださいね。

                 明明後日(しあさって)も来ちゃいやですよ。

                 またお手紙します」

                手書きの文面が息づかいや心の温度を伝える。

                大切な人への便りは手書きに限ると思い直した。

                *2016年11月朝日新聞より。

                 

                みんなを照らす太陽も

                たまには休んで

                月にもなりたいと

                思う時もあるはずだと

                分る人で

                ありたい

                幼くして筋ジストロフィーを発症し、

                せい絶な吐き気に苦しみ、

                今も人工呼吸器と栄養摂取の菅を外せない岩崎さん 

                「在る」ことが苦難そのもだと知るからこそ、

                彼を支える家族らのエンドレスの頑張りを思い、

                こう詠う。      岩崎 航

                「折々ことば」*2017年1月朝日新聞より。

                 

                ちょっと気になった詠(朝日花壇俳壇より)

                花壇

                受験生の妹 眠たそうな九時

                ソプラノで 大きなあくびする

                        (富山市 松田梨子)

                 

                爺さんと ふいに呼ばれた その日から

                始まりました 爺さんの 日々

                        (坂戸市 山崎波浪)

                 

                眼は弱く 耳は聞こえぬ 老犬の

                リキはすり寄り われと確かむ

                        (東京都 大村森美)

                 

                夫のことを 「息子さん」と言った

                あの小林という人を 絶対許さない

                        (鈴鹿市 森谷佳子)

                 

                きのうまで ここを曲がれば母の家 

                今日から母は 介護施設へ

                        (三鷹市 志賀朋子)

                 

                 第33回 朝日俳壇賞

                *2017年1月朝日新聞より掲載させて頂きました。

                 抜粋。

                 

                *1月28日 追加

                 27日のTV 

                 金曜ロードショー「耳をすませば」

                 宮崎 駿 脚本 ジブリ作品

                 昨日は久しぶりにTV画面に見入ってしまった。

                 青春時代に実際にあったような懐かしさを憶えた。

                 いいですね。素直に青春万歳!ですね。

                永井照人。

                 

                newflash * NEWS * 06:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                川津祐介様が1月24日Eテレで!

                0

                  「川津祐介・愛沙 老々介護を生きる」

                  1月24日(火)20時よりEテレビ「ハートネットTV]で

                  川津祐介さんと愛沙さんの日常生活が紹介されます。

                   

                  本日詳細が分かりましたので記載いたします。

                  川津祐介様のブログ「川津祐介の神住まう家」にも

                  詳しく紹介されています。

                  我が天王寺中学校7組の文集の為に

                  表紙を描いて頂いた縁もあり

                  皆さん応援しましょう!

                   

                  私もブログ内の『川津祐介のおしゃべり広場』に

                  思い出と共に、寄稿させて頂きました。

                   

                  川津祐介様の文面より

                  これから
                  年を取られてゆく方も
                  居られると思いますが、
                  老人として生きることは
                  辛いことではありません。

                  身体のあちこちが痛いとか
                  全力疾走しても
                  幼稚園の子どもに
                  追い抜かれてしまう・・・
                  と言う不自由さは
                  時にありますが、
                  全てを神さまから新たに頂いた条件と
                  受け取らせて頂くと
                  楽しい面の方が多くあるように感じます。

                   

                  川津祐介様、放送を楽しみにしています。

                   本年もお身体を労わってお過ごし下さい。」

                   

                  2014年4月12日

                  結婚式(結婚式を挙げておられなかったので)と金婚式

                  永井照人。

                  newflash * NEWS * 08:44 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  あけましておめでとうございます。

                  0

                     明けましておめでとうございます

                     

                     新しい年を迎え

                      心新たに動き出す月

                     皆様に ご多幸がありますように

                       祈念しております



                     

                    今日はあなたは 空を見上げましたか。

                    空は遠かったですか、近かったですか。

                    雲はどんな形をしていましたか。

                    風はどんなにおいがしていましたか。

                    あなたにとって、いい一日とはどんな一日ですか。

                    「ありがとう」という言葉を今日 口にしましたか。

                     

                    窓の向こう、道の向こうに、何が見えますか。

                    雨の滴をいっぱいためたクモの巣を見たことがありますか。

                    樫の木の下で、あるいは欅の木の下で、

                          立ち止まったことがありますか。

                    街路樹の木の名前を知っていますか。

                    樹木を友達だと考えたことがありますか。

                     

                    夜明け前に鳴き交わす鳥の声を聴いたことがありますか。

                    ゆっくりと暮れていく西の空に祈ったことがありますか。

                    何歳の時の自分が好きですか。

                    上手に年を取ることができると思いますか。

                    世界という言葉で、まず思い描く風景はどんな風景ですか。

                     

                    いちばんしたいことは何ですか。

                    人生の材料は何だと思いますか。

                    あなたにとって、あるいはあなたの知らない人々にとって、

                             幸福って何だと思いますか。

                     

                    時代は言葉をないがしろにしている。

                    あなたは言葉を信じていますか。

                    *出典:長田弘『最初の質問』講談社2013年(抜粋)

                     

                    *2017年1月4日追加

                    和歌山の小井さんから 

                    嬉しいお便り(年賀に添えて)を頂いたので掲載させて頂きました。

                     川津祐介様のブログ内の(リンク)スタジオニューフラッシュ

                    (PET)「永井さん家のユキ」かわいくて最初笑いながら拝見…

                     最後涙しました。感激しました。ありがとうございます。

                     又ユキちゃんに会いに…。

                    我が家にとっては最初のpetなので

                    妻は子供の様に可愛がりました…。

                    「両親の別れには泣かなっかたのに…、

                     ユキの時は1か月以上涙が止まらなくって…。」

                    小井さんのお便りでまたウルウル、「思い出しました…。」って。

                    ありがとうございました。

                     

                    *1月5日追加

                    私の首から右腕にかけてのだるさ

                    整体のお陰でやっと治りました。

                    50肩からくる右手の使い過ぎのようです。

                    全身ケアしながら過ごさなければいけない年ですね。

                    カメラを持つ手だけに、元気になりました。

                    ロケにも支障なく行けそうです。

                    永井照人。

                     

                    newflash * NEWS * 10:53 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    貴方にとって2016年はいい年でしたか?

                    0

                      貴方にとって2016年はいい年でしたか?

                      私はいろいろありました。

                      *年明け早々愛猫の「ピー」が亡くなりました。

                      正月からペットの葬儀社手配で大わらわ。

                      我が家にとっては3匹目。(すべて猫生を全うしました。)

                       在りし日のいたずら猫「ピー」

                       トイレに隠れ「もう怒ってないニャ?」

                      *私は御多分にもれず病院通いの1年。

                      ほとんど皆勤賞に近いのは、週一の近所の耳鼻咽喉科と

                      欠かさずに夫婦で通った(息子が院長の)小林整骨院。

                      それに23カ月に一度の循環器と眼科の検査、検診。

                       

                       施術に訪れた九重部屋の関取衆(中央は息子)

                       体格の大きい人は「インナーマッスル療法」が効くんだって。

                       

                      *楽しいことは山ほど。

                      撮影旅行。

                      車で片道10 時間超えの2泊3日の息子との山形ロケ。

                      今回も居合宗家より記念誌発行の依頼が有り、

                      2日間をかけた記念行事すべてと近郊の名所旧跡を撮影。

                      渓谷?の上り下りでの体力の限界を感じながらも、

                      充実した撮影を終え。

                      大好きな「そば街道」も探訪。「板そば」旨いですよ。

                      山本氏お疲れ様でした。

                       この静寂さと最上川に揺れる月。癒されました。

                       

                      *今年も開催!しました。

                      青春を呼び戻せた「あべのハルカス」での天中クラス会

                      クラスメイト、松宮先生含め皆さんとても元気でした。

                      遠路関東組の参加も多く、旧友って暖かくっていいですね!

                      参加出来なかったクラスメイト諸氏、その後どうですか?

                      来年は参加できます様に。来年も11月開催予定です。

                      「久し振りに会いましょう!」

                       ハーモニカ演奏の御宮知君。懐かしい校歌も思い出して合唱。

                       

                      *スポーツでは阪神

                      今年も一喜一憂、振り回されました!Bクラスだって、タク。

                      良かったのは高山(コンスタントなバットコントロール)、

                      原口(急きょ1軍でも思い切りの良さ)、

                      福留(ライトへ飛んだら安心の、あの守備の美技)。

                      エースと主軸と外人勢が振るわなければ、当然の結果でした。

                      そう、オフに糸井がFAで加入。

                      ドラフト会議で指名した選手の活躍。

                      新加入の外人助っ人。来年の楽しみに取っておきましょう?

                      公式戦が始まる前が一番期待大!

                      それにしても凄すぎる。あんな選手欲しいな〜

                      日ハムの大谷。

                       

                      他に特筆すべきは、

                      *安くて旨くて手軽な「居酒屋」をみつけました。

                        当分一番?

                      *孫の誕生日会の後に行った「猫カフェ」、

                       孫達がはしゃいで大喜びでした。

                       「ごはんよ!」の合図で、手入れされた綺麗な猫たちが集合!

                       茶目っ気な孫たち

                      *居合「池田宗家の米寿を祝う会」に招待されました。

                       我が身はあんなに元気に米寿が迎えられるだろうか

                      *癒された美術鑑賞、

                       特に大阪市立美術館でのデトロイト美術館展は感激。

                       

                       出展作品・クロード・モネの『グラジオラス』

                      *映画鑑賞では君の名は。」は秀逸。

                        ストーリー展開に年甲斐もなくウルウル、

                         画面の色彩、描写、編集、効果音最高でした。

                       アニメの名作として残るのでは?

                       あなたは観られましたか?

                       「観ないと今年1つ損をしているかも?」

                       夢と現実の狭間で、会った事のない君との緊迫のクライマックス!

                       後日「この世界の片隅に」を観たが、

                       広島、呉に嫁いだ女性の素朴な日常生活から始まり、

                       戦前、戦中、戦後の「生きていく」がテーマ。

                       戦争の悲惨さと共に、広島の原爆へと進む過程が

                       サスペンスドラマの様にどんどん緊迫感が迫ってくる。

                       美しく可憐に描いているだけに「すず」の女性を通して

                       記憶に残る悲しい映画だった。(寄付から募った映画)

                      *TVでは「真田丸」。NHK大河ドラマで

                       次週が楽しみでBlu-rayで予約してまで観たのは初めて。

                       どこまで史実に迫っているかは定かではないが

                       結末が分かっているだけに…。戦略家の幸村でも…。

                       いよいよ冬の陣から最後の夏の陣。「何故和睦を?」

                      「日本一の兵(つわもの)と称された最後の幸村の勇姿」

                       大阪の陣の史跡が多い

                       そんな地区に住んでいるだけにやるせない。

                      *TV番組プレゼントで妻が年末ジャンボ30枚当たった。

                      「10億だ!」ってか?世の中そんなに甘くできてません!?

                      「でも数週間夢をみましょう。」って。

                       (後日、ちちんぷいぷいのバスタオル、ランチボックス、巾着、カレンダー、手帳

                       届きました。MBSさんありがとうございました。)

                      1225日S都ホテル大阪 チャペルグレースホールでの

                       天王寺フィル「弦楽とオルガンで迎えるクリスマス

                       久し振りにクリスマスの夜を体感しました。

                       昔、グリークラブ時代の雪降る聖夜ローソクを持ち、

                       バスで周った事を思い出し浸りました。

                       天王寺フィルハ−モニーの皆様ありがとうございました。

                       アンコールに「真田丸」聞けなかったのが残念でした!

                       


                       なんばwarkの飾りつけ と シェラトン都ホテルの大きなツリー

                       

                      *気がかりな事。

                      四国の姉が入退院を繰り返しているのが心配でならない。

                      元来、丈夫な姉ではないのだが…。

                      でも兄貴が優しくて良かったね。

                      「姉さん、早く元気になって、

                      昨年のように二人で大阪中をグルメデイトしよう!」

                      「あの旨〜い、しゃぶしゃぶ をもう一度!」

                       昨年久し振りに来阪した姉とグルメデイト

                        「大阪の美味しい物が食べたいの」って、行っても、

                       私と違って、食が細く、上品な愛すべき姉。

                       

                      *私自身、11月下旬から体調不良で、

                      首から右腕にかけての抜けるようなだるさと倦怠感。

                      かかりつけの日赤病院で採血検査から始まり、

                      頭の検査(もともとあまり良い方ではないが…。)

                      MRIに、心臓のMRI、レントゲン、心電図。

                      頚椎の超音波とMRI。

                      3週間ほど徹底的に検査三昧。

                      結局、大きな要因がなかったのは幸いだったが、

                      原因がどうもいまいち分からない…。

                      (現代医学でもわからない事が多すぎませんか?)

                      整体院長の息子曰く

                      「ほら、脳に腫瘍や梗塞がないなら、任せとけって」。

                      頼もしい一言。ゆっくりしっかり直します。

                      電気治療に首、腕、肩、腰、足まで。

                      たまに二人がかりの背骨矯正、猫背の私にはこれが効く〜。

                       桜川の整骨院前・息子に施術をしてもらっている私

                       「耳つぼダイエット」が女性に人気だって。内部風景。

                      思いつくままの2016年を記載しました。

                      今年は「娯楽費、飲食費」が予算オーバーらしい。

                      「ちょっと締めないと!」って女房がポツリ。えっ?

                      と言う事で来年は厳しくなりそうな「のみしろ」。

                       

                      カレンダーも最後の1枚になりましたね。

                      (あっ!住友の佐藤さん。カレンダーお願いします。)

                      今年ももう終わりですね。

                      あなたにとって良い年でしたか?

                      忙しい年末ですが、身体に気をつけてお過ごし下さい。

                      2016年12月吉日。

                      取り止めのない1年の写真日記でした。永井照人。

                       

                      *12月26日追加  お礼とお詫び

                      *本年は月間最高数の、(このブログコーナーを)

                      見て頂いた事がカウントされました。

                      コメント欄に記載して頂いた方以外、

                      お名前が分かりませんが

                      見て頂いた方、皆様ありがとうございました。

                      海外、特に英語圏のデータも残っていますが

                      一度Commentして頂ければ幸いです。

                      (セレクトしてから掲載しますので安心して投稿して下さい。)

                      *無双直伝英信流の解説本を希望される方が多いのですが

                      申し訳ありませんが、(書店でも扱っていません)

                      正統会会員の全国の各道場での購入をお願い致します。

                      海外からの購入依頼も数件有りましたが

                      当方では扱っておりません。ご了承をお願い致します。

                      newflash * NEWS * 19:48 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ